« 置鍼 | トップページ | かなさんど〜ユニフォーム »

2006/03/17

IT情報社会の人々と毛あしび・音の記憶

 先日、とある企業の、大規模な、まだ静かなレセプション・パーティー会場の中に僕はいた。薄暗い焚火色の照明に広い会場全体が染まっていた。
 開場の時刻、三線の音と唄と共に大勢の来賓が流れ込んできた。訪問者達はIT情報企業関係が中心のようだった。
 レセプションでは、『沖縄』をテーマのもと、「ネーネーズ」をはじめあの「知名定男」さんがステージで唄った。知名さんの唄はアコースティックの芯の通っていてやはり凄かった。最後に「MAX」が登場した。瞬間、電子機器により増幅された異次元の音空間が広がった。(実のところ僕は「MAX」ってよく知らなかったんですけどね・・・なんかオネェチャン達が大音量で踊りながら歌謡曲を歌ってましたne。)
 心臓に直接振動を送りつける電子音のステージが終わった瞬間、会場内には少し「ほっ」とした空気が蘇る。来賓たちも用意された料理に再び舌鼓を始める。今日の来賓達は日頃、コンピューターなど電子機器のビープ音やキーボードを叩く音などに囲まれているのかも知れない。
【カメラを向けられる四谷琉球倶楽部
2006_0315_192410AAどこからか来賓たちの歓談との調和を保った、優しい三線の音が流れてきた。方々の会話に溶け込むかのような、『四谷琉球倶楽部』の唄と三線の調べは、きっとかすかな音の記憶となって、肝(チム)に染めることだろう・・・
(ほにゃほにゃ)

|

« 置鍼 | トップページ | かなさんど〜ユニフォーム »

コメント

ITにして沖縄とは、なかなか旬な組み合わせだね~。
それにしても、まだやっていたのかー、MAX!
彼女たちはもともと安室奈美恵のバックでやってて、その後別個にデビューして、当時のユーロビートやパラパラのブームに乗ったんだよね。確か10年くらい前。だから今の沖縄の芸能プロ隆盛のはしりだよね。
ってことは、そのIT情報会社の偉いさんたちにとっては懐かしの音楽と言えるかもね…(あくまでホ○エモンとか三○谷さんらの世代って想定でね)
でも、やはり三線などのアコースティックな音の方がそういう人の集まりの場には和めてよいと思うね。
こちらも先月、渋谷のON AIRで奄美のフェスティバルに行ってみたが、やはりポップスで頑張ってるミュージシャンも良かったけど、最期は島唄と六調でみんなで前に出て踊りまくっていましたっけ…
そういえば今週末に某ドイツ系自動車会社のレセプションパーティに招かれているんだけど、どんな余興があることやら…

投稿: Hk | 2006/03/19 11:54

すごいねー。いい経験しましたね。
私もライブで聞きたいなー。
今度、ライブハウス「島唄」に行ってみたいですね。
http://www.ne.jp/asahi/okinawa/shimauta/top.html

投稿: gangaze | 2006/03/20 11:09

まっこうさん、おひさしぶりです^^
ネーネーズ東京に行ってたんですね。
素敵な歌声ですよね^^
本拠地「島唄」うちの家から近いんですよー
なのに、4年ほど前に行ったきり。
今度、またいって見たいですね。

沖縄ではオリオンビールのCMでMAXの曲が流れています。
結構沖縄に帰ってきて歌ってるみたいですよ^^

投稿: ゆうゆ | 2006/03/20 22:26

ゆうゆさん、こんばんは。
「島唄」行きたいです~!
gangazeさんも行きたいって行ってましたネェ。
「島唄」はいつも通り過ぎてしまうのですが、きっと行くぞー!
ネーネーズのお姉さんたちは綺麗だし、優しかったです!
すれ違いで思わずみとれちゃいました!(お化粧で原型はわかんないけど(笑)!)
ほにゃほにゃです!

投稿: まっこう小 | 2006/03/21 22:52

うんうん、私もまた島唄いきたいですねー^^

ブログタイトル変更しました^^「ふわふわぷかぷか沖縄Life。。。」これからもよろしくです(o*。_。)oペコッ

投稿: ゆうゆ | 2006/03/23 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86839/9128857

この記事へのトラックバック一覧です: IT情報社会の人々と毛あしび・音の記憶:

« 置鍼 | トップページ | かなさんど〜ユニフォーム »