« かなさんど〜ユニフォーム | トップページ | ♪葉山芸術祭♪ »

2006/03/30

島言葉・・・しまくとぅば

 今朝、ダイビング仲間・・・イヤ、今や喰い物仲間か・・・? そんなことはどうでもよい、その喰い物仲間のgangazeさんのブログに沖縄の言葉についての記事が載っていた。
(チクチクgangazeさんの食道楽のブログ→ 「真南風便り」 )

アメリカ人の顔でウチナー口で話しているのを聞くと、ちょっと変な感じ。この子はきっとこれが標準日本語だと思ってるんだろうな、と思うと面白いですね。大人になってもずっと憶えててほしいな。
(「真南風便り」より引用)
  との感想に共感しました。

 時を同じくしてmixiで知り合った宮古人のハナさん(自称:宮古島のちゅらさん?!)の日記にも、沖縄の言葉に関わる記事が掲載されていました。話の発端は以下の記事です。(↓時事通信社 - 03月29日 16:43から引用)

********************(ここから)********************
 沖縄の伝統的な言葉を次世代に残そうと、沖縄県議会は29日、毎年9月18日を「しまくとぅば(島言葉)の日」とする条例案を全会一致で可決した。県や市町村で伝統の言葉を残すための事業を行うほか、関係団体などに普及促進のための協力を要請する。

 沖縄では戦前まで、日常生活では伝統的な言葉が使われてきたが、戦後は標準語が奨励され、伝統的な言葉を話すのが悪いことのように受け止められた時代もあった。このため現在では、伝統の言葉を完全に話せるのは50代後半から60代以上。40、50代では「聞けば大体分かる」という人も少なくないが、30代以下では「全く分からない」という人も多い。

 「このままでは沖縄の言葉が死語になってしまう」という危機感が高まり、全会派が賛成して条例案を議員提出した。9月18日は「くとぅば」の語呂合わせだ。。(↓時事通信社 - 03月29日 16:43から引用)
********************(ここまで)********************

 ハナさんによると、琉球方言は、島ごとに言葉が全く違ったりするそうです。沖縄本島の南部と北部とでも、かなり言葉が違うらしいです。ハナさんは、

世界のどこにもない自分たちだけの言語。残念なことに、長い間大切にされてこなかった方言は今消滅しかけている。。
(ハナさんの日記より引用)
と危惧しています。続けて、それまでは方言を使うことはダサくてカッコ悪いーという風潮があったこと、しかも教育者達が率先して方言を使うことを禁じていたことについても、日記の中で教えてくれました。
 今や言葉を教える立場の親の世代が方言を使えない、そしてその若い子供達は方言を聴き取ることすらできない。そんな今となって、どうやって「しまくとぅば」を守っていけるのだろう。最後に宮古島のちゅらさんは言いました。
独自の文化は独自の言葉があってこそ輝くもの失ってしまえば、もう取り戻すことは難しいでしょうね。消えかけている光を、どうやって沖縄は取り戻すのかな。。
(ハナさんの日記より引用)

 ただただ綺麗な海、大好きなダイビングリゾート、美味しい島料理、楽しい唄・・・何にも知らないままで「島ふぁん」のつもりでいた。なんだか最近、少しずつ、さりげなく、自然な流れの中で、沖縄の歴史や今に抱える悩みなど別の面を知る機会が多くなってきたました・・・

|

« かなさんど〜ユニフォーム | トップページ | ♪葉山芸術祭♪ »

コメント

私のブログを取り上げていただき、ありがとうございます。
なにも知らない「島ふぁん」でもいいと思いますよ。それぞれがみんな、それぞれの方法で沖縄を好きであれば、それだけでいいんじゃないかと思います。
もちろん、勉強しようとする姿勢は素晴らしいと思います。

投稿: gangaze | 2006/03/30 12:14

まっこうグァーさん、有難うございます♬
私のボヤキをこんなに真剣に受け止めてくださって嬉しいです。


投稿: ハナ | 2006/04/01 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86839/9330621

この記事へのトラックバック一覧です: 島言葉・・・しまくとぅば:

« かなさんど〜ユニフォーム | トップページ | ♪葉山芸術祭♪ »