« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/24

mixiマイミク訪問500カウントゲッターの発表です!

2mixiからのお知らせです。英夫 さんのページ全体のアクセス数が500アクセスを超えました。記念すべき500アクセス目の訪問者は『たまご先生 さん』でした!
1等前後賞は『まっくさん』と『まろさん』でしたぁ!

おめ~で~と~ございま~す!

ほにゃほにゃ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

Happy ? Birthday・・・

先日、誕生日を迎えた。42才。
四谷琉球の仲間達が祝ってくれた。
嬉しかったね。
ほんとうなら何もなかったように、あっというまに過ぎ去っちまう。
なんとなく照れたりして、祝われることへの不慣れだろうか。
いつもの調子とちがって、なんとなく落ち着かない座り心地の慣れた椅子。
幸せな気持ちを表現するのが、なんと下手なことかとつくづく思う。
みんな、ありがとう。

名前の入ったケーキの蝋燭の火を吹き消した。
みんなが携帯のカメラで、ケーキを前にポーズを求めたあと、あんまーの恒例の言葉。
「何度も言うようだけれど、『誕生日』とはお母さんが産みの苦しみにお腹を痛めた日でもあることを忘れないように・・・」
・・・だったかな・・・。
誕生日は母親と初めて逢う日でもある。
誰かの誕生日祝いの席で、いつも聞き慣れているはずの言葉がいつになく堪える。

僕の母は2年前に亡くなった。最期の闘病生活の半年間は本当に辛い日々だったことを思い出す。
母は僕の誕生日を過ぎた約2時間後に他界した。病院を離れていて、連絡を受け夜中に駆けつけたものの、病室に着くほんの1分ほど前に力尽きてしまった。
母と最後に意思を通わせることができたのが、奇しくも僕がこの世に生を受け初めて母親と逢うことができた僕の誕生日となってしまった。
母にとっては、産みの苦しみと死の苦しみの二つが重なった日だったのだろう。

いろいろなことが思われる。
その日が、もしも誕生日でなかったならばどうだったのだろうかとか・・・。
まったくの偶然であったとは言えないかも知れない気がします。

ほにゃほにゃ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/05/09

♪葉山芸術祭♪

ゴールデンウィーク、おわっちゃいましたね。
どんな休日を過ごされたのでしょうか?
僕は今年のGWは急遽、遠出するのをやめました。

さぁて、どうしようか? 目的もなく「ダラダラGW暇~ズ」でいようか?
そうおもっていた矢先、三線仲間に誘われるまま葉山に一泊の予定で出発!
「クーラーBOXとテント屋根を持ってきて」とは言われたものの、「なんでぇ? なにするのぉ?」
葉山に集まる理由も目的もわからないまま、車に三線放り込みました。

P5040192furufuru葉山に着くやいなや、森戸海岸の浜辺にブルーシート敷いてビールと泡盛の宴会が始まりました。


P5040007_1
いよいよ気持ち良くなった頃、見知らぬ若い女性が2人、酔っ払いの我々に近づいてきてきて話しかけてきました。我ら三線プレーヤー達はそそくさとテーブルの上をお掃除し始めるやいなや、「どうぞ!」って感じで2人を招き入れ、三線の手ほどきを始めます。

その時初めて知ったのですが、三線仲間のべあ~さんが別の施設で『葉山芸術祭』と言う地域イベントで、 『サンシン体験ワークショップ』を催していたのです。そこで簡単に三線の手ほどきを受けたあと、この浜辺に来て『三線・・・砂遊び』というしゃれた企画だったのです。P5040041


あとからあとからお客さんが増えて来て、敷き込んだブルーシートは人で一杯になりました。酔っ払ったみんなは三線弾き語り踊り・・・浜辺はさしずめ沖縄のビーチパーリーと化しました。
P5040241a
その余韻は夜も続きました。イタリア人も三線の音に踊り唄っていました。めちゃくちゃのウチナーグチで唄ってました!(笑) また会いたいネェ。


気づいたら一泊の予定が2泊3日の忙しくもクタクタになった旅でした。
真砂英明さんのインディアンフルート、日本民家でのコンサート・・・沖縄で見かける三線演奏会のシチュエーションそっくりだったなぁ。思わず「瞑想」にふけるところでした。

ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年6月 »